*

ひえ~!いつの間にか本町周辺駐車場の最大料金がなくなっていた件

公開日: : 最終更新日:2017/02/28 屋外

ひえ~!いつの間にか本町周辺駐車場の最大料金がなくなっていた件

 

ここ数日、仙台市青葉区本町周辺に用事(通いのお仕事)があり、日常的に車で動いている都合上、なにげに付近のコインパーキングに車を止めたのですが、むむむ?車を入れるときにチラ見して確認する看板の料金表示に、日中帯の最大料金表示がない・・・まずい、バック、バック!

 

だがしかし時すでに遅く、気づいた時には約束の時間まであまり余裕がなく、一方通行の細道を素早く目で探してみましたが、どの駐車場も「最大料金表示」がないパーキングばかりで、結局、平日日中帯の料金に上限がない駐車場に止めざるを得ませんでした・・・そして仕事が終わって精算してみると、ガーーーーーーン!!!!なにこれ?4,400円!!!・・・・とほほ。

 

タイムズ24_4400円_IMAG0375

 

数日、同じ相手先に通うお仕事だったので、次の日(本日)は用心して早めに出発して、付近をグルグル探してみましたが、今まで「日中最大料金(ビジネス料金)」が設定されていた馴染みの?駐車場まで料金体系が変わっていて、結局、かなり離れているオイカワパーキングに止めました。オイカワパーキング(立体駐車場)は、今も、ビジネス利用900円(定額)をやっていました。

 

それにしても、えー、本町周辺の駐車場って、いつのまに、「上限なし」になったのよ(^_^;)??

 

幸いなことに、私の車は車高がそれほど高くないので、設備の古い立体駐車場に止められますので、それなりに安いところも見つかりますが、車高が高い軽自動車などの場合は、現状は結構厳しいかもしれませんね。

 

ちなみに、設備の古い立体駐車場は、(車高的に問題がないなら)比較的安いビジネス料金(日中帯定額)で利用できるのでお得です。私は本町周辺では、今回のオイカワパーキング(8:00~20:00 900円)や、ダイヤパークさんのパークテリア花京院 (7:30~19:00 800円)をよく利用していたのですが、今回は、仕事先のできるだけ近くに止めたいと思ってしまったのが敗因でした。やっぱり余裕を持って出ないとダメですね。

 

タイムズ24 仙台本町第8 スクリーンショット(2016.06.30時点)
タイムズ仙台本町第8

 

 

 

 

 


【PR】仙台/駐車場をスマホで予約!パーキングシェアのAkippa(アキッパ)



★参考になった方はクリックお願いします。
↓↓↓にも仙台情報がいっぱいあります
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

仙台市ランキング


スポンサーリンク



関連記事

「大崎教職員9条の会」だそうです。大崎合同庁舎前のデモ

用事があったので大崎合同庁舎に立ち寄り、帰ろうとしたところ、付近から太鼓や鳴り物の音が聞こえてきたの

記事を読む

10/1開通中田バイパス日交タクシー近くの新交差点を通ってみました

2017年10月1日に太白区の中田バイパス日交タクシー近くに、 新しい交差点が開通しました。 こ

記事を読む

NPC24H仙台太子堂第2パーキング _20181029_133328

DPL仙台長町の工事事務所跡地にNPC24H仙台太子堂第2パーキング OPEN

  カートンです。   私が通る道沿いに新しく コイ

記事を読む

1月の一高の桜_20190115_152442

1月ですが一高の桜がなんとなく赤味がかった気がします

Carton(カートン)です。 今日、一高の脇の道を通りかかったら、道沿いの桜の木が赤味がかっ

記事を読む

八幡町「うなり坂」付近で爆走していったカモシカを目撃(写真無涙)

今日(2017年5月31日)、車で八幡町を走り、うなり坂を上って国見方面に上ろうとしたところ、目の前

記事を読む

コインパーキング システムパーク新寺1丁目がまもなく終了です。

ハートンです。 仙台駅東口周辺でよく利用していたこの駐車場がまもなく終了するようです。 ht

記事を読む

Googleナビではまだ一高の前の通り(連坊小路)が一方通行のままね

  今日、中倉の初めて伺う仕事先に用事があり、 迷わないようにGoogleナビ

記事を読む

住宅地のこんなところにお墓が・・・

今日、友人の家から車で帰る途中、一方通行が多くて道幅の狭い太白区の住宅地を走っていたら、ん?んんん?

記事を読む

思わず注目の「鈴文興行」車体広告、どうせならQRコードも貼れば?

思わず注目の「鈴文興行」車体広告、どうせならQRコードも貼れば? 今日、車で4号線仙台バイ

記事を読む

太白区の長町にタルト!!

はじめまして。 このたびこの仙台メモリーズ、略して仙メモに あらたな書き手として参加した

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑