アクセス解析

*

4名のランサーさんに聞いた肘折日帰り温泉「いで湯館」「カルデラ温泉館」

公開日: : 最終更新日:2017/05/09

<スポンサーリンク>





肘折日帰り温泉「いで湯館」「カルデラ温泉館」ってどんなとこ?

山形の友人が肘折の日帰り温泉「いで湯館」「カルデラ温泉館」を褒めるので、どんなところか気になってランサーズで質問しちゃいました。友人のメッセージによると「肘折温泉へのアクセスは不便で、けっこう秘境にある温泉ですが、泉質が良いと思います。知る人ぞ知るみたいな温泉です。」ということなんですが、そもそも、どこにあるのかもわかんない。ということで早速Wikipediaで調べ見ると・・・

 

肘折温泉(ひじおりおんせん)は、山形県最上郡大蔵村(旧国出羽国、明治以降は羽前国)にある温泉。「肘折カルデラ」と呼ばれる直径2kmのカルデラ(窪地)の東端に位置しており、カルデラの中心に位置する黄金温泉、最奥部の野湯である石抱温泉などとともに肘折温泉郷を形成している。温泉街の一角にある「小松渕」は、トロイデ型(鐘状)火山の噴火口が渕になったものである。肘折カルデラは、現在気象庁によって活火山に指定されており、肘折温泉郷全体が「肘折火山」のマグマ溜りの上に位置している。日本有数の豪雪地帯としても有名であり、冬季の積雪量は4mを越える。ニュース番組の気象情報では、時々、当地の積雪量が全国ニュースで紹介される。(Wikipedia)

 

なんだそうです。はぁ、山形県最上郡大蔵村ですか。この辺なんですね。

 

 

Googleで検索してみると、当地を訪れたGoogleユーザーがマップに投稿した素敵な写真が現れました!「カルデラ温泉館」はこんな感じ!いい雰囲気ですね~(Googleより)

 

 

そして同じく、「いで湯館」はこんな感じです!!私もGoogleローカルエリアガイドに登録していますが、なるほど、写真をマップに投稿すると、こうやって見に来る人(この場合は私w)がいるってことですね^^(Googleより)

 

 

お!早速、ランサーズに回答が寄せられました。ではご紹介いたします。

 

「肘折いでゆ館」
時期…2015年11月
理由…肘折温泉が好きで、気軽にその湯を堪能できるから
肘折温泉が好きで、年に2~3回程度行きます。その中でも「肘折いでゆ館」は日帰り温泉400円というコスパで、いい湯を堪能できるので、よく利用します。泉質はもちろんいいのですが、何ていっても内湯から見える、紅葉はとても趣がありより一層リラックスできます。全面がガラス張りになっていて、四季折々の景色を楽しみながら、ゆっくり温泉に浸かれるのはとても贅沢です。露天風呂はありませんが、露天風呂に浸かっているみたいに感じます。また、浴槽が広いので、多少混んでいても足を延ばして気持ちよく湯に浸かれます。風呂上りに「のぞみラーメン」といった、オリジナルのラーメンを食べることができ、胃袋も満足することができます。ちょっと立ち寄りたくなるような温泉です。

(テリー 30代後半 男性 三重県)

 

「肘折いでゆ館」
時期…2016年8月
理由…この辺りをドライブしていた時に、温泉街があるのを発見し3階に浴室があると知り眺望も良さそうなのでこちらにしました。
山形に旅行に訪れた時に利用しました。肘折いでゆ館は山形県大蔵村にあります。周囲は肘折温泉という温泉街になっています。私は車で行ったのですが電車とバスを乗り継いで行くことも出来ます。肘折いでゆ館は多目的施設になっており、浴室は3階にあります。私が行った時にお客さんは誰もいなく空いていました。脱衣所はとても綺麗で清潔がありました。そして浴室は2つあり広々としています。浴室の窓がかなり広く取られており3階からの眺望はとても眺めが良く気持ち良いです。お風呂は源泉かけ流しで色は茶色っぽく、泉質はナトリウム‐塩化物・炭酸水素塩泉です。肌さわりがよくいつまでも入っていられます。また館内には休憩スペースや食事をする所もあるので長い時間楽しめました。

(ドーナツホール 30歳 男性 兵庫県)

 

「カルデラ温泉館」
時期…2015年2月頃
理由…湯の台スキー場に行った際に、通りかかった所にあったので行きました。
カルデラ温泉館を利用して感じた事は、由緒ある温泉だと感じました。レトロ感満載な施設で、建物自体はかなり古くはなっていはいるのですが、それがまた味があり雰囲気をかもしだしています。お風呂は露天風呂も完備しており、私が行った2月などは場所がら、かなり雪が積もっているので、それが又情緒あるように感じられました。全体的にどこか懐かしい感じの雰囲気です。また、入浴後は男性の私でも感じとれるくらい肌がツルツルになり、そのツルツルも後日まで続きましたので、かなりお肌に効果がある温泉なんだと思います。料金体系もお手ごろな値段で入館出来ますし、また近くに湯の台スキー場がありますので、冷えきった体を温めるために、帰りがけに少し立ち寄るには最適です。

(別府大好き 32歳 男性 神奈川県)

 

「カルデラ温泉館」
時期…半年前くらい
理由…外観がオシャレで気になっていて、ずっと行ってみたいと思っていたから。
モダンな多角形の外観が温泉施設というよりも、何か美術系のオシャレな建物という風情で気に入りました。中に入っても天井を見上げると重厚な作りで、とても魅力的です。温泉街からちょっと離れているためか、人は少なくのんびりと温泉につかる事が出来て良かったです。自然な炭酸泉が売りの温泉で、掛け湯と飲水でしか楽しめませんが、なかなか新鮮で面白かったです。露天風呂は一時間毎の男女入れ替え制で、一度着替えなければ入れないのが少々面倒ですが、でも入ってみたいと思わせる魅力のある温泉でした。帰りにはペットボトルを購入して炭酸泉を持ち帰る事も出来ました。お通じによく効いて体調も良くなったので、また炭酸泉目的だけでも足を運びたいなと思います。

(momoka 30代前半 女性 秋田県)

 

仙台に住む私にとって、肘折はこけしで知っているぐらいでした。また、こけしが有名であることから、なんとなく秋保、作並、蔵王、付近の宮城と山形の県境にあるように思っていましたが、実際はかなり違いました^^しかも、「こけしで有名」と思っていましたが、現在はこけしの工人さんは一人しかいないそうで、調べてみると随分イメージと違うんですね。

 

ですが、県外の遠方からも若い人たちが来ていることを知り、まさに友人が言う通り「知る人ぞ知る」の「知る」の人には人気の温泉なんだなぁと思いました。仙台から車だと、どうやっていくんだろう?酒田に行く途中で分岐するのかな?昨年は、仕事で酒田に来ましたが、東北横断はさすがに時間がかかりました。私から見て決して”ふらっと立ち寄れる”場所ではありませんが、せっかく記事にしたので、最上地方に出張などあればぜひ行ってみたいと思います!

 

皆さんの愛情を感じたので、サイトから画像をお借りして、勝手に自分でリンクバナーを作ってみました(笑) 肘折日帰り温泉「肘折いで湯館」と「カルデラ温泉館」のホームページはこちらです。
↓ ↓ ↓

 

 

 

スポンサーリンク


【PR】仙台/登録料無料!自宅の庭でも貸出できるあきっぱ駐車場オーナー募集中!



★参考になった方はクリックお願いします。
↓↓↓にも仙台情報がいっぱいあります
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 仙台情報へ
にほんブログ村

仙台市ランキング


スポンサーリンク



関連記事

多賀ジャス富ジャス利府ジャス、イオンになっても各地でXXジャス

  先日、ヤマダ電機テックランド多賀城店に立ち寄ったあと、 ほかにも買い物があ

記事を読む

半田屋(めしのはんだや)で冷やし中華が始まったようです

    今日(2016.04.22)、本町を歩いていたら、 本町郵

記事を読む

登米の「麺や文左」は 個人宅を改造したお洒落な手延べ麺レストラン

お手伝いするイベントがあり、登米市にある「麺や文左」(ぶんざ)という手延べ麺レストランに行ってきまし

記事を読む

閉店したのね、オートバックス名取店

  オートバックス名取店がなくなっていました   先日、名取に

記事を読む

田尻の大貫SS(石沢商店)は家族運営のカントリーなガソリンスタンド

登米市南方から下道を通って仙台に帰るときに、どこかで給油したいな、と思いながら、初めて通る県道15号

記事を読む

にぎらないオニギリ「おにぎらず」を労災病院売店で発見!

台原にある東北労災病院で売店をのぞいていたら、「おにぎらず」という面白いネーミングの商品を発見!にぎ

記事を読む

30年前を思い出しながらサンモール一番町を歩いてみる

先日、25年ぶりぐらいに、 サンモール一番町の泰陽楼に行きました。 仙台の中心部にはあまり来るこ

記事を読む

すごいお菓子!超おいしい生菓子発見!柳生スイーツアトリエLの月よみ

すごい。素晴らしく美味しいお菓子を発見してしまいました!太白区柳生にある「SWEETS ATELIE

記事を読む

雨後の筍のように空店舗に展開するカーブスはまねきねこ系だったのね

私の職場の近くにカーブスという女性専用の体操クラブみたいなのがあって、 見た目もつくりもチープな感

記事を読む

五橋の「ラーメンたから家」が廃墟ビルになっていました

昨日、片平から五橋に抜ける道を通っていたら、ラーメンたからやのビルが廃墟ビルになっていました。いや、

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑